食い道楽ぜよニッポン❣️ 東京・恋しい恋しい鳥の素揚げ❗️

考えてみれば、唐揚げブームだとか、とり天とか、衣を付けるものばかりだ。
素揚げがどれだけ美味しいか、そういえば、そういう店そのものが、とんとないし、聞かんのとちゃう⁈
f:id:tombossno1:20171007141646j:plain
二十数年前に、ひな鳥 とよ田という店によく行ってたなあ。
小汚なあいマンションの1階にあった(笑)
カウンターと奥に小上がり席があるくらいで、百合の部屋がすぐ上にあったから、よく風呂上がり感覚で行った。

マリクレール通りなんていうおしゃれな名前は後発だろう。その何十年も前から自由が丘のこの並びにあったようだ。5時くらいから行列になっていた。

手羽、もも、砂肝の三点のみで勝負していた。180℃の油で揚げるのだが、カリッと中のジューシーさは失われず、それはそれは大変な美味さだった。
他には自家製お新香とあっさり飲める鶏ガラスープくらいのメニューだ。
よほどの自信なのか、代々の伝統なのか⁈

時に思い出す。自宅と真逆なので機会がなくなったが、数年前に久々に訪れたが、今はヤマダ電機の並びに新しい店舗を構えている。

その鳥の素揚げに主眼を置いた店が新宿に出来たと聞いて、行ってみた。
新宿ビックロの裏あたりにあるhoshinoという店だ。
f:id:tombossno1:20171007141757j:plain
f:id:tombossno1:20171007142036j:plainf:id:tombossno1:20171007141955j:plainf:id:tombossno1:20171007141922j:plainf:id:tombossno1:20171007141845j:plain
食べログ評価もとよ田とほとんど同じで高評価だし、平日から客もいっぱい。
やはり、素揚げ自体が初めての食感で珍しいんだろうね。

ここはここで美味いが、とよ田が懐かしいぜよ。
それだけ、とよ田が年季が入っていて突出しているということだろう。
f:id:tombossno1:20171007142316j:plainf:id:tombossno1:20171007142218j:plainf:id:tombossno1:20171007142127j:plainf:id:tombossno1:20171007142110j:plain

食い道楽ぜよニッポン❣️京都・味噌と出汁の小料理「嘗~sho~」

ここはまた、よくぞありそうでなかった、みそをベースにした小料理屋を思いついたもんぜよ。

「みそは医者いらず」と言われる程、昔から健康食としても愛されてきた万能調味料です。

京都は白味噌文化もあり、お客様に美味しく健康に食を楽しんで頂ければ幸いです。

「嘗」がご提案するお料理を大人な空間で存分にご堪能ください。

というコンセプトのお店だ。

 この若い女性がオーナーだとか。
名前の由来・・・
「嘗」しょう とは・・・最後の一滴まで味わう。

ぽってりと大根に乗せられた白味噌は、澄んだおだしを濁らせることなく供される。

卵は半熟卵。これもまたあまりないなぁと感心。

チーズの味噌漬け。これがとっても美味。
日本酒に合うね🤗

豚のソテーも味噌風味。

京都で白味噌といえばお椀と並んで欠かせないものは、やっぱり生麩の田楽。味噌はすべて山利のもので惚れ込んで、これを活かした料理にしてくれる料理人を探してオープンにこぎ着けたんだとか。

隠し味に白味噌を使っているというだしまきは、繊細な味だ。


靴を脱いでコの字型のカウンターに座りでとても落ち着いたいい店だ。



 

食い道楽ぜよニッポン❣️ 京都 最強の小料理屋・酒処てらやま❗️

2ヶ月ぶりの京都。
堀川イン、今度からここにするぜよ✌️


大津から移動し昨夜は京都の弟と。
来るたびに、しばらく、どれもこれも絶品の割烹つづきやったけど、小料理屋という風情の店に今回は行ってみた。

♪ツンチャン チャララ ランラン♪〜〜♪富士の高嶺に降る雪も〜京都先斗町に降る雪も〜〜♪


先斗町と聞くと何故かこのフレーズが浮かぶ(笑)
木屋町先斗町界隈は路地裏にこそ素敵な店がたくさんあるのだ。

しかし、予想をはるかに上回った。
宝石箱のような料理と珠玉の味覚に感激した。

両隣りの先客が次から次にすごい品数を食べていて、その度に感嘆の声と満面の笑みを浮かべている。

我々は、1軒目でそこそこ食べてきているので、店主に伝えて軽く一番のおすすめをと始まったが、あまりの美味しさに、結局、締めのへしこチャーハンまで平らげてしまった(笑)

ぐじのお造りは関西ならではの美味さ。

食べるべき一品はきずし、さばのお造りを少し辛味のあるダイコンをすりおろしたものと柑橘系の優しいポン酢醤油で頂く。感動の美味さだ。初めてだよこんな美味いのは😋



よほど美味しくないとこうはならないよ。
それくらい美味い店😋

炭床で焼く子持ち鮎、
丹波産大黒しめじの美味さよ。ウニほうれん、
ハモ松の小鍋、
牛のたたき、
へしこチャーハンとはいいアイデアだ。へしこの塩味が見事にマッチして絶品に仕上がっている。妹

がいつも2人で出かけてすねているというので、おみやに持たした、炭火で焼くホットステーキサンド、そのパンのミミ自体がめっちゃ美味いんだよ。妹からも連絡があったが頬が落ちたと(笑)

弟も今までで京都一だと唸っていた。

やはり、京都は底知れない奥の深さだ。

京都の酒呑みならずとも、これだけ来て食い道楽をしていると「食堂」でミシュランという名は一度は聞いたことがある。

そこの出身の料理人が新しく店を開き、大変な評判を得ていた。

L字型カウンターだけの小さなお店で、季節の食材を使った良いアテで、ほっこりした雰囲気も居心地よく、無条件に酔っ払える。類似のお店は京都市内に沢山あるが、料理にさりげなくひと手間がかかっているのに驚くほどお安い。ま、人気になるのは必定の一軒だよ。

食い道楽ぜよニッポン❣️ 滋賀大津・割烹ま喜の❗️

マ〜キノッ!
滋賀大津の割烹 肴や ま喜の。
JR大津駅より京阪の浜大津三井寺(みいでら)駅により近い。

大津は泊まるの初めてだ。
長浜は何回かあるが、やはり琵琶湖の幸は本当に美味いと思う。

本モロコが時期前でなかったのが残念だ。

関西系の割烹でハズレなく、しっかりした味だね。

個人的な感想だが琵琶湖周辺には割烹と呼ばれる店が他県に比べて多いように思う。

琵琶湖の天然うなぎとか、鱧もまた関西の食し方で大変美味い(^o^)/

大津で今、一番人気という、居酒屋とっくり。
2件目で寄ってみたが、どうってことはない。
1件目の割烹で名物の鮒寿司を食べれなかったので注文してみた。

これも前に長浜の割烹で食べた時の感動はない。
大津は行くなら割烹の方が数段いいと思う。


三井寺駅周辺の川口公園の周りが大津の歓楽街ということになるらしい。

京都民は、滋賀民をゲジゲジと言ってバカにして、県名まで変えようかと真剣に考えてるっちゅうの、可哀想に。

どうしてどうして、琵琶湖の豊かな自然と幸に恵まれた人の良さを感じて好きやなあ。

明日はおごと温泉の旅館で省エネ設備の導入をするので工事の打ち合わせで先乗りして来たのだが、ここの社長もどっぷり当社を頼ってくれて、それもあるせいかも知れないが、いいところぜよ。

食い道楽ぜよニッポン❣️
♪シャ〜コ食いねえ〜♪❗️

2年前からシャコ食いてえ!って騒いでるけど(笑)


殻付きの江戸前のブランド小柴のね。
普通の寿司屋なんかで食べるのとは別もの。

本当に美味いよね。
ビールがすすむよ🍺


漁獲量が急減して長いこと禁漁を続けていたからね。


いよいよ旬で食い道楽始めます。せっかくなので 、ご相伴しませんか?

立ち飲み倶楽部もあるけど、それはそれ、これはこれでね。

割烹よしむらでやるよ。
ここ高いけどリーズナブルにやってもらう。
シャコだけでなく和の料理も肉も絶品だからね。

10月の金、土くらい。
漁港次第。
一回に8名くらいだから人数が増えれば分散します。

遠慮なくメッセでもいいので声を掛けといてください。
前に声を掛けてもらってる人はこちらから案内しますよ。


遠くの親戚より近くの他人ぜよ(笑)



江戸前のシャコ漁復活からどうなってるんだろう。

 東京湾のシャコの大半は柴漁港に水揚げされる。小型底びき網でとるシャコ漁は、組合の稼ぎ頭。2操1休(2日海にでたら1日休む)の漁で、市場価格と資源を安定させた。だが、海からシャコが消えていく。小さなものは逃がすよう網目を大きくし、禁漁区も設けたが回復せず、海を休ませて待った。対岸の千葉・富津にも小さいシャコをとらないよう求めた。


 県は資源調査で「完全復活には遠い」と分析していた。組合は「いつでもブレーキを踏む」と決めて再開したのだが・・・

食い道楽ぜよニッポン❣️ 日の丸フレンチ ル ・クープシユー❗️

新宿西口は、このブログでも老舗ステーキ店、3店を紹介したが、ここも同じ界隈にある。もう40年くらい前から同じ場所にある本当に美味しいジャパニーズフレンチともいうべき、本当に美味しいお店ぜよ。

わざわざ日の丸とかジャパニーズとか強調しているのは、ミシュラン一つ星、二つ星、三つ星でさえも、いやそれ以外のモダンフレンチの店に数多く行かせてもらったが、一口食べてうんまーいと声を出す、あるいは感じる店が本当にないんだよね。

このブログは全国で何百店も各地域の人気店、美味しいと評判の店をfacebookの全国美味いもん百景の中で紹介してきたが、その中でも選りすぐりの店に絞ってる。
ここに紹介したい店は一つもない。残念ながら・・・

本当に美味しいと思ってるんだろうか?
正直言って非常に不思議に思ってる。
それでも行く人がいるわけだから、フレンチそのものが、あるいは雰囲気が好きなのか、うまく棲み分けられているよな。人間社会はとも思う。

へたなこれら店よりも老舗の洋食店の方がよほど美味くて人気がある。
それと同じといったら少しはわかってもらえるか、火入れや素材の旨味、日本料理の技法にある旨味を活かす料理というのか、

そのだしとか旨味に感嘆したから本番フランスでもこっちの方が美味しいと認められてるんじゃないの?

すべての飲食店で総合No. 1で9年連続ミシュラン三つ星のカンテサンスもそういう旨味を活かした店だと思うよ。
また、ここから独立した多くのフレンチレストランも同様に踏襲してるから、瞬く間に予約の取れない人気店になっている。

ル・クープシユーは、ミシュランの星こそないが、まさにそんな店。
いや、三つ星を断った京味のごとく今さらいらんやろ。
かえって価値が落ちるわ。

まあ、論より証拠。
食べて見なはれ。
ランチなんか今だに1,260円〜やってるけど、是非ディナーに行って堪能してほしい。

温められたパンに添えられてくる自家製バターがこれまた絶品です。

そうそう、ほとんどのフレンチはパンがまた美味しくない。

残念だと思っているこれらフレンチ店も、ここで言っているテイストを取り入れたらずいぶんと美味しくなると思うのだが。

食い道楽ぜよニッポン❣️ 東京・燈々庵❗️

まっこと、東京の奥座敷は広いぜよ。

東京はあきる野
江戸時代から十七代にわたり続いている旧家の邸宅の蔵を改装した、懐石とギャラリー、しつらえがこれまた素晴らしい「燈々庵」





前回紹介した井中居の姉妹店である。
竹を器にした料理の飾り付けは得意技じゃき。
目を奪われるだけでなく、料理の美味さに舌を巻く
♪( ´θ`)ノ










うかいもそうだが、100年続く店づくりを掲げ、古民家改装の相談にも乗ってくれるらしい。

どっしりとした風格のある門をくぐり、店内までのアプローチもならではの作り込み。

たまに行くならこんなとこ的な。
非日常を定期的に味合うということは人生へのスパイスみたいなもので、ありがたや、ありがたやだな。

都心にはけっしてない、しつらえで落ち着いた雰囲気の中、季節の懐石料理を、最後のデザートまでゆったりと楽しむことが出来ます。