食い道楽ぜよニッポン❣️ 福井一の鮨 十兵衛❗️

191219
十兵衛4.22は、福井で一番人気の鮨屋ぜよ。




富山 鮨人4.27、金沢 木場谷3.94、熊本 鮨仙八4.02などそれぞれの地区でトップクラスの人気店は、共通しているのが赤酢のシャリ、それと若手の新進系ということじゃろう。

ガリがええ。
富山、金沢、福井、熊本と4県の鮨屋に行って共通して切り方がたくわんのように厚みがあって丸っこい。

よくある薄っぺらなスライスしたようなガリは、先ず手を付けないが、素材も違うのだろう。とても美味いぜよ。
だから、おかわりをするくらいじゃき。

この4店の中で、赤酢とネタと煮切りの味が一番マッチしていて美味しかったのは、熊本 仙八じゃった。
次がここ十兵衛じゃね。

しかし、鮨はそうなのだが、どこもおまかせの最初に何品か出てくるツマミ系で、一番工夫がないのは十兵衛やな。
まあ、無難と言えば無難だけど面白味はないわな。














店主は札幌のミシュラン店すし善3.95で修行したそう。
そこで江戸前 赤酢を習ったらしい。
北海道も網走の寿司屋で食べたオホーツク海の珍味はまず豊洲や他の市場には上がって来ないだけに、そういうの以外はただ新鮮というだけ。

いみじくも、全ての漁場はいずみに通じる❣️と謳われる目黒の鮨屋のオヤジが、酢めしに新鮮な魚貝類を載っける、これを鮨とは言いません。
刺身ご飯と言います。と言い放った通りだと思う。
札幌、小樽など寿司銀座などともてはやされていた頃に行ったがどこが美味いんじゃボケって思ったからね。
最近は、江戸前の修行を積んだ職人の店が北海道にも増えたらしい。

福井 鮨十兵衛❗️
鮨は美味かった🍣

















甘鯛
さわらの漬け
まぐろのづけ
アオリイカ
ヒラメ
シマアジ
ボタンエビ
迷いカツオの漬け
釧路のウニ

#福井人気鮨店
#福井一番人気
#福井江戸前

食い道楽ぜよニッポン❣️ 草津温泉 こうりん坊❗️

191209
日本一の温泉湧出量を誇る草津温泉
数年ぶりに来たぜよ。

環境事業の仕事で、同じ群馬県みなかみ町から、次の日午前中に草津温泉のホテルにアポがあるため前泊することにしたき。

さて、いつものことだが、一泊朝食のみの予約なので、夜は何を食べようか!???
ハラ、減った〜
孤独のグルメの五郎さんとおんなじやな(笑)








湯畑を中心に周りを散策してみたが、やはり、草津温泉は最高に素敵なロケーションだわ。
温泉は豊富だから24時間流しっぱなしだし、飲食店も数は少ないが、良さげな店がありそうだ。


ごま福堂なるものに初めて出くわした。ごま専門店とは珍しい。
胡麻インストラクター協会」認定の「セサミマイスター」が専用の杵と臼で突き上げるそうで、早速たくさん買ったぜよ。

ここの若店主が、
草津温泉で居酒屋は、
「こうりん坊」🏮がいい、
閉まってたら「水穂」と教えてくれた。





「暖」の「あの生姜焼き」というメニュー、ぶ厚い肉なんだけどやわらかくてとても美味い人気メニューだそうだ。


夜は居酒屋メニューもたくさん。
ネット上で評価の高いのが、「源氏」炙り和牛レバー、牛トロ丼が最高らしい。






この中で、こうりん坊に行ってみた。
大将に金沢出身かどうか聞きそびれてしまったが、とにかく金沢おでんはじめ金沢の食材、料理に定評がある。
中々、楽しませてくれる。

#草津温泉
#こうりん坊
#ごま福堂

食い道楽ぜよニッポン❣️ 秋田の旬和食すがわら❗️

191203
秋田はもう何度来たことじゃろう。
その度に美味い店を探して訪ねるのが全国どこでも日課になっちゅうき(笑)

次の日が、秋田能代工場にお客さんが視察に来るのだが、前泊して、この店に行ったぜよ。

8,000円のおまかせコースを注文。少量ずつ旬の食材を用いた料理が宝石箱のように散りばめられていて、しかもそのすべてがいちいち美味いときちゅうけ、まっことたまらんぜよ♪( ´θ`)ノ












季節ごとに行ってみたい店じゃね。男鹿でふぐが取れるらしいが、言ってみれば北限のふぐ🐡か?
今度、食べてみたいね。

秋田ではふぐを食べるという食文化がなかったから、今でもてっさやてっちりを出す店は少ないそうじゃ。
だから、ここで取れたふぐを産地として有名な地域に逆出荷する。元々の有名産地では水揚げが極端に減っているし、まあ、海は繋がっているから取れた場所が、ちと遠くになっただけ!?(笑)
しかし、テロワールが違うわけだからおかしいよね。
どこも◯◯漁で有名な産地は同じような状態じゃきね。

イカで有名な呼子なんかほとんど水揚げが少なくなって、福岡のどこぞの産を使いゆうき。

カウンター席に1人陣取り、大将、女将さんともいろんな話しに花が咲いて盛り上がった。
その会話の中で稲庭うどん
どこの稲庭うどんが一番美味いのか?

三大うどんの一つとして、「讃岐うどん」と並びテッパンだ。
あとは、長崎県の「五島うどん」と群馬県の「水沢うどん富山県の「氷見(ひみ)うどん」の中からだが、諸説分かれるところ。

稲庭うどんで一番は、
古峯堂(こほうどう)という製麺所だそうだ。
日清食品の粉売りが、この店に来て、稲庭うどんを食べて、どこの麺ですか?
答えると、みんな手打ちのようなことを言ってるが、本当の手打はここしかない。と言ったそうだ。
しかも、秋田市内で売ってるところはなくて、新宿伊勢丹に持っていかれてるようだと聞いて、伊勢丹に行ったが取り扱ってなかった。
ネットで注文するしかなさそうじゃ。


だけど、数ヶ月ぶりにポワンエリーニュが催事をやっていたのでクリスマス、年末分と合わせて購入したき。

#秋田
#居酒屋
#和食すがわら
#すべてが美味しい
#ふぐ
#阿櫻

食い道楽ぜよニッポン❣️ 深大寺*一軒家薪料理 Maruta ❗️

191124
この店は、今までになかったジャンルだが、全国選りすぐりの当ブログに掲載してもいいなあと思おうたぜよ。

西東京エリアに出現した新星やし、土佐あかうしの調達依頼も受けたことだし(笑)

Maruta』がある深大寺ガーデンの敷地内には、店の前に広がるエディブルガーデンちゃうのがあって、ハーブとか季節の野菜を育てゆう。
その摘みたてがメニューに出てくるき。






その庭園を囲む形でオーナーの家があったり、2階建ての1階、2階を貸し出している。
1階はまだ空いていて家賃22万じゃそうな。
真新しいにも関わらず周囲に違和感なくしっとりと調和しているのは、天然素材を使っているからだ。

この感じは、イタリアで何度も出逢ったスローフードスローライフの有り様だよ。
ロハスだよ。

スローフードの聖地は、
イタリア🇮🇹の北西部にあるピエモンテ州は、世界に名だたるワインの産地。
有名なバローロバルバレスコなどの畑のある地域だ。



















この『Maruta』でも見たこともない日本産ワインから選べる。
料理に合わせて提供されるノンアルコールの飲料がこれまた素晴らしい素材感ぜよ。

スローフードが生まれた街とは、食生活を今一度見直し、土地の風土にあった伝統食や農業の保護を考えていくスローフード運動が1986年に始まった場所。1989年のパリで調印された「スローフード宣言」により世界に向けて発信され、スローフード協会は、今や日本を含む160か国以上に支部があることは、よお知っちょった。

食べ物を暮らしの中心に据えること。家族とゆっくり食事をとること。真摯に取り組む生産者からおいしくできたものを分けてもらうこと。おいしく調理されたものに感謝すること。

イタリアではアグリツーリズモ、フランスではオーベルジュなんかがそうなんだろうな。
地産地消で、その土地ならではの料理を味合わせてくれる
スタイル。
日本ではペンションなんかがそれに当たるのか、だけど、芯がないんだよな。
日本の文化、旅館もあるが、敷居が高いし値段も高い。

この店、いっさいそういう打ち出しはしてないが、スタイルはまさにそれで、庭ではシェフがディナーに備えて、真鴨の首を落とし、羽をむしっていた。




スローフード スローライフ
アメリカで成長した「ファーストフード文化」に対して、イタリアで始まった、「ゆっくり育てられた安全な食材を丁寧に調理しゆっくり味わおう」という運動が、「スローフード」運動。この運動の考え方を生活やライ フスタイルにまで拡大・展開し、「環境や人に優しく、ゆったりと充足した毎日を過しながら、同時に自己実現をめざす」というライフスタイルを「スローライフ」と呼んでいる。

ロングテーブルを囲む人たちと薪で焼いた大皿料理をシェアする新スタイルは、皆とワイガヤでまっこと楽しいぜよ。

目の前に座っていたご夫婦が奥さんの誕生日で、随分遠くから来ていた。
恥ずかしげに、なんだか微笑ましかったね。

高い天井の空間、オープンキッチンなんてもんじゃなくて仕切り、境もなし、料理人がテキパキ働く姿に目を奪われるが、この中にあの龍吟、三つ星連続の、今、日本料理の最高峰とも名高い、ここで煮方を2年やってた子が勉強のため働いている。
薪で炊き上げたパエリアを持ってる人ね。

食材は主に近隣の多摩地区の農家から、魚介類は近くの調布飛行場から伊豆諸島の新鮮なものが届けられる。そして何より『Maruta』の特徴は、長さ5.5mの大テーブルに置かれた大皿料理をシェアすることだろうな。
豚の塊を薪で焼いたのは美味かったあ。

本当にこのエリアは、都心では絶対にできない、設えの素敵な一軒家レストランの宝庫ぜよ。
まだ、登場させてなかった中で、
・クリスマス亭
洋館の洋食屋。オムライス、ハヤシライス最高*\(^o^)/*
銀座煉瓦亭より美味いんじゃないか。何よりもこの豪華さは他になし。



リストランテ大沢
一軒家のイタリアン❗️だが、
このエリアでは唯一、土佐あかうしを扱えている。



#深大寺
#Maruta
#薪料理
#一軒家レストラン
#スローフード

食い道楽ぜよニッポン❣️金沢*人気急上昇中の鮨 木場谷❗️

強豪ひしめく金沢でベスト3まで上り詰めてきた新進系の江戸前鮨 木場谷に行ってみたぜよ。



金沢駅からはタクシーで10分くらいの、古豪の名店が軒を連ねる主計町茶屋街に近い、浅野川沿いの住宅地の中にポツンとその店はある。

カウンター9席のみで6時〜と8時30分〜の2部構成のようじゃ。この席を求めて東京はおろか遠くからも客が通う。
わしは、8時30分からの部に参加したのだが、広島からと香港からの2名ずつが一緒じゃったき。

1人酒代を入れて20,000円を超すだろうに人間の美味いもんを食べたい欲というのは大変なもんじやねや。
まあ、わしもその1人なんじゃが(笑)


富山出身の大将の木場谷光洋氏は、『すきやばし次郎』の兄弟弟子である船橋『よしうら』や、銀座『鮨 青木』で江戸前の鮨修業をしたそうじゃ。

このブログでも富山湾の海の幸を水揚げした素材を使っての富山の料理店が金沢より上をいってると書いたことがあるが、木場谷氏は毎朝5時に氷見と新湊の2つの漁港へ出向き、富山湾の魚介にこだわっているように見える。
最高のネタを調達することに苦労を惜しまないのはええことじゃ。

この日の市場では、今や金沢NO.1、ミシュラン12年連続三ツ星のカンテサンス岸田シェフが人生最高レストランで名を挙げたことでも知られる、割烹片折と鉢合わせになり、富山湾でも地球温暖化の影響か、以前は年間3本しか揚がらなかったクエが、今は週に3本くらい揚がるようになったり、かつおは、この日1本だけ水揚げされて、片折と取り合いになったが、お願いして譲ってもらった、だから、今日向こうはクエですよ。とか笑いながら語っていた。


店を開いて3年目、予約が取り難い店に成長している。

おまかせワンコースのみで、つまみ7品、お碗1品、握り12品と玉子焼きで結構な量だったぜよ。
料理のアイデアが素晴らしいなと率直に思ったき。

この日の献立はというと、
つまみの部

・氷見のヒラメ

・たらの白子
新鮮そのものだ。



・氷見のあんこうの肝
 こんな肝は見たことない。


・氷見のタコ


・氷見のごまサバ鮨


・氷見の毛蟹とうにソースと
赤酢のシャリ、ほぐした毛
 蟹の身とミソにうにソース
 と握らないシャリをかき混
 ぜて食したらそりゃもう黄
 金の方程式ぜよ。



・氷見のノドグロ炙り
 上質な身の柔らかさ。

お碗


・香箱蟹のしんじょう
解禁したばかりの香箱蟹の
 甲羅盛りをしんじょうにす
 るとは初めての体験じゃ
 ね。

握りの部



・氷見のクエ 










アオリイカ

・大間のまぐろ

越中バイ貝
富山湾にしか生息してない   
 のだ。

・氷見のさわら

・氷見のかつお漬け

・氷見のこはだ



・魚津のいくら

・北海道浜中のウニ

・天草の車海老

・煮はまぐり


・煮あなご

・最後にふわふわたまご焼き

もうお腹パンパンじゃき〜(笑)

このブログでも北海道から九州までの名店を全国を周って、散々言ってるように、地の利、水揚げされたばかりの素材には東京は敵わんよと。フレンチでいうところのテロワールってやつかな。

しかしながら、江戸前鮨だけは違うと思ってて、江戸前の技のほうが勝るんだよ。
この木場谷においても、アイデアも大将の飽くなき探究心も、より美味いものを提供しようとする料理への情熱も微塵の疑いもなく素晴らしいんだよ。

だけど、煮切りの味が薄い、素材の味にマッチしてない。
赤酢をベースにしたシャリだが赤酢の旨さが感じられない。それでもづけにした、かつおとか、煮はまぐり、煮あなご、煮だこの煮系はちょうどいい。料理の旨さがなじんで素材の良さが引き出されちゅうと思う。

香箱蟹の甲羅盛りのしんじょうはいただけない。
薄っすら塩味の甲羅盛りだからいいんであって、それがお椀にすることで薄まって、お汁そのものも味の足りない白湯みたいだった。

他は素材がいいのにもったいないな。数段上の店はたくさんある。まだ、その程度のレベルなんだけど、多分、本当の江戸前鮨の旨さを経験してなくて、さほど食べ慣れていないと、予約の取り難い名店という評価とも相まって、これぞ、本物の江戸前鮨だあ、さすがの味だ〜と思える旨さではあるよ。

どっちやねん(笑)
ただの食い道楽の素人のわしには、細かいことはよおわからんけど、自分の舌に正直に書いちゅうき。

もう行くことはないと思うが、もし、すごく進化するならその時は、再度訪れてみたいとは思う店である。

#金沢 鮨
#鮨 木場谷

食い道楽ぜよニッポン❣️孤独のグルメうどん屋「藤」❗️

西東京エリア、なんと自宅から3.3kmの場所に五郎さんが来て、とても美味そうだったので妻と行ってみたぜよ。


足踏みしての本格的なコシのある手打ちうどんは注文が入ってから調理する為、時間は少々かかるが、茹で置きでない出来立てが味わえる。他所では味わえない小麦の上質な歯応えが特徴じゃと思うき。

いわゆる、ここ数年脚光を浴びて復活している武蔵野うどんのジャンルやね。
日本の三大うどんとはまったく違う田舎うどんて感じだけど小麦本来の旨さをより感じる。

このエリアは、武蔵野うどんの名店がいくつかあるが、ここはすごく美味いぜよ。

おすすめは、五郎さんも注文していた肉汁もりうどんだね。アツアツつけ汁の中に甘みのある豚肉がたっぷり入っているが、麺と肉のそれぞれ1.5倍、2倍とかで頼める。





おにぎりとここの名物、味付け煮玉子はみんな注文している。
我々は、この煮玉子とあげ玉ごまおにぎりを注文した。

もう満腹感MAXじゃ〜(笑)

ちなみにお汁に入ったうどんもあるぜよ。




#孤独のグルメ
#肉汁もりうどん
#武蔵野うどん
#五郎さん
#新座
#保谷
#大泉学園
#田無
西東京

食い道楽ぜよニッポン❣️福井駅前 大衆割烹 善甚❗️

191028
福井ではもう香箱蟹が。
セイコガニと福井では呼ぶ。

関西はコッペと呼ぶことが多いな。
ちなみに白子のことはダダミと呼ぶ。

大体、金沢以外の地域、ここ福井でも富山でも香箱蟹🦀はこうやってバラしているところが多い。
完璧な甲羅盛りというのは滅多にない。
細い脚から身を一つ一つ取り出すってめちゃめちゃしんどいし、手間が掛かるから中々ようやらんぜよ。

そういう意味では、11月30日に予定している東京で仕上がった香箱蟹は完璧じゃき。



しかもジュレがけとは小憎たらしいことをやるね(笑)

しかし、セイコガニの甲羅で熱燗を飲むというのは、ここ大衆割烹 善甚が初めてじゃね。ええアイデアじゃと思う。




今年は、11月6日解禁だそうだ。フライングじゃね(笑)

たまたま網に引っかかるのがいるらしい。だからまだ小さいねや。

大衆割烹 善甚は、若狭湾の水揚げ魚貝をリーズナブルに美味しく頂くにはええ店ぜよ。






生サバの刺身は、他ではよお見ん。京都できずし、東京でしめさば、お酢でしめるか、焼くか、そういえば、ほとんどそうじゃないろうか。

脚より美味いと言われ、タコの頭🐙、出世魚ブリみたいなもんで伝助穴子、ガスエビ🦞も北陸地方ならではじゃき食べてみたらええろう。


それとシーズンになったら、福井でしか聞かん、ズボガニ、新鮮だからズボっと脚丸ごとが抜けるからというのもええと思うぜよ。



ただ、いくら雑炊はスプーン大さじ一杯でも入っていればいうことなかった。
それと鯛の潮汁、出汁と塩だけで絶妙な旨さにというのは、大衆割烹じゃき、期待せん方がええね。

#セイコガニ
#香箱蟹
#大衆割烹 善甚
#福井駅
#善甚
#若狭湾魚貝新鮮
#生サバ
#刺身新鮮